あなたのペットは大丈夫?「動物の皮膚病アレコレ」

大切な家族を見送るとき

遺影

安らかな旅立ちのために

大切なペットが死んでしまったとき、悲しみでなかなか次に進むことは出来ないでしょう。しかし、安らかに天国へ送ってあげるためにも出来るだけ早く葬儀の準備をしなければなりません。ペット火葬のかたちは色々あります。まずは、葬儀社や霊園などペット火葬出来る機関を決定します。料金的に安くしたい場合は市営、公営の各自治体サービスに運び火葬しますが、この場合拾骨は出来ません。ペット専用の合同供養塔などに遺骨の一部を納骨してもらいます。きちんとしたペット火葬を希望する場合、サービスの充実した民間企業の業者に頼むのがいいでしょう。専門のペット霊園は運び方もさまざま選べます。送迎や、ペット火葬車に訪問してもらい自宅で供養を済ませることも可能です。火葬のかたちは合同、立ち合い、個別、自宅と大体4つの方法が主流になります。返骨を希望する場合は合同葬以外のペット火葬で見送ってあげましょう。ペットに宗教や宗派はありません。料金や火葬の仕方も納得のいく範囲で業者の人に相談しながら進めるといいでしょう。その他のオプションとしてお墓や位牌のサービスもお任せすることができます。悲しい気持ちのときにあれこれ自分で手配する手間が省けるのも、業者さんに依頼するメリットです。ペットへの価値観は人それぞれで、お別れのかたちも人それぞれです。家族の一員として暮らしてきたペットが、天国でも幸せに暮らせるようにと手厚く供養したい場合は、ペット霊園などの業者に頼んで火葬するのがベストです。