あなたのペットは大丈夫?「動物の皮膚病アレコレ」

御骨

かけがえのない存在の葬儀

ペット葬儀業者選びは事前の情報収集と比較が大切、葬儀から供養、埋葬までトータルに取り扱ってくれる業者が人気です。他業種の参入もされてきて、業界のサービス改善も行われています。生前の相談やアフターサービスも業者選びの際のチェックポイントです。

犬が罹るフケ症とは

動物病院

フケ症の症状と治療法

ペットがかかる皮膚病には、いろんな種類がありますが、フケ症の皮膚の病気の1つです。フケ症とは、大量のフケや赤い発疹がみられる病気のことで、乾燥した季節に発生しやすいです。ペット、とりわけ犬に見られやすく、放置しておくと症状が悪化してしまいかねないのです。原因としては、シャンプーのすすぎが不十分なこと、アレルギー・食事の内容などがあげられるでしょう。また、シャンプー時のすすぎ不足に加え、頻?にシャンプーをし過ぎたり、十分に乾燥させないことも症状を誘発させる要因となります。食事面では、ペットの皮膚の健康に良いタンパク質と脂質をとらせるようにしましょう。これらが不足すると、皮膚病に罹りやすくなるのです。フケが増えるだけでなく、かゆみや皮膚のただれ、抜け毛の症状がみられやすいです。この皮膚病を治すには、ペット専門の病院に行って医師の診察・治療を受けるようにするとよいでしょう。塗り薬を処方してもらえ、症状が治まるまで薬を使用することになるのです。シャンプー面では、すすぎを十分に行うほか、低刺激で殺菌作用のあるものを使うのが効果的です。ブラッシングも大事で、こまめに皮膚を傷つけない程度で行うようにする必要があるのです。ブラッシングを通じて、血流促進や皮膚を清潔に保つことにつながるでしょう。犬の場合は、添加物が入っていない・脂肪酸が豊富に含まれているフードを与えるようにするのが望ましいです。家で飼っている場合は、室内をきちんと掃除することがフケ症といった皮膚病の予防につながるのです。